はじめまして。ベトナムのホーチミンでインターンをしている福田と申します。ホーチミンのサムライカフェというところで、インターンをはじめて一週間になります。(この記事はインターン開始1週間の時点で執筆しています)

初日の食事会
初日の食事会

 

初日からベトナム語でベトナム人スタッフに自己紹介!?

11月3日にタンソンニャット空港に降り立ち、ここから僕のベトナムライフが始まりました。翌日からインターン先のサムライカフェという今年の3月からオープンしているスタートアップのカフェでのインターンが始まりました。初日は、カフェのオペレーションに入らずに、ベトナム人スタッフにベトナム語で自己紹介するという研修から始まりました。自己紹介を現地語でするだけでも、意外と頭と体と度胸を使わなくてはなりません。ベトナム語の自己紹介文を作るのにも、発音を完璧にするときにもです。なんといっても 、度胸がついたのと、自己紹介文を作るときに話しかけたベトナム人学生のレベルの高さに驚きました。

ついにカフェのオペレーションにジョイン!

2日目からは、実際にサムライカフェのオペレーションを回すのに加わりました。日本の居酒屋でのアルバイト経験でもサービス業のオペレーションを経験しましたが、そのときとの違いは何と言ってもマニュアルがまだ整備されていないことでした。それは僕がここでのインターンシップに期待していたことでもありました。マニュアルができていないということは、自分で作ることができるということでもあります。、早くマニュアルを作ってやろうと思っていました。 しかし、現実はそんなに甘くありませんでした。そもそも、既存のオペレーションがどのように回っているのかさえもわかりませんでした。接客のやり方と調理方法をベトナム人スタッフに説明してもらうのですが、ベトナム英語の独特な訛りがわからず、かなり苦労しました。現在は、8割くらい分かるのですが、そのときは、3割くらいしか分からなかったと思います。こんな苦労を重ねながら既存のマニュアルはなんとなく掴めてきました。

全然まだまだの現状とこれからの目標

ただ、まだこのカフェの中で自分は全然まだ価値を出せていなく、オペレーションを回す部分以外では何をしたらいいのかもわかっていません。それもあって、スタッフもまだ日本人の僕を認めてくれていないと感じています。お客さんがいるときには、調理と接客をすることに集中すればいいですが、お客さんがいないときには。与えられる仕事がありません。そのときに、いかにアクションを起こせるか、その部分を楽しみながらやっていきたいです。 今後は、一人でオペレーションを回せるように、サムライカフェのことをもっと理解して、最初の目標である、サムライカフェの既存のオペレーションをマニュアル化するというところを達成していきたいです。